英語「攻略」★パーフェクトガイド

英語ど素人からToeic、Toeflとステップアップしてロースクールに留学するまでの方法論をまとめて行きます。

アプリ「Retentio」を有料化記念★主要単語帳アプリ比較レビュー

自作のiOS単語出題アプリ「Retentio」の有料化申請を行い、本日から有料アプリとしてストアに並べることができました。

Retentio

Retentio

  • 教育
  • ¥600

 

今まで、いわゆる実績作りのため、iPhone6と5sでテストを繰り返していました。

(ものが学習ソフトなので、いろいろな利用パターンで落ちたりデータが消えたりしないかチェックをしていました)

 

無料の時期にダウンロードされた方は引き続き無料でお使いいただけます。

 

 

Retentioは、輻輳化と分散化という二つの過程を管理することによって、長期記憶化を促す点に特徴があります。

類似ソフトが一定時間を置く分散学習によって長期記憶化を促しているのに対し、Retentioは輻輳化というプロセスを挟むことで忘却状態を意図的に早期に発生させ、忘却→確認→忘却→確認による長期記憶化を普通よりも短期間で発生させることを目的としています。

 

で、今回は、アプリ有料化記念ということで、Retentioの競合となる主要な単語帳アプリの比較レビューをしたいと思います。

 

Super memo

play.google.com

 

super memoは、「脳が認める勉強法」によると、元アップルのスティーブ・ウォズニアックが開発したソフトらしいです。
もともとの発案は、人間が「何度も見たモノを徐々に長期記憶化していく」という性質を利用したもので、カレンダーとフラッシュカードの組み合わせて、一番覚えやすいタイミングを割り出すアルゴリズムに従って出題をしていくソフトです。

ウォズが開発したんだったらさぞかしすごいアプリだろうと思いきや、インターフェイスは10年前のウィンドウズのソフトみたいであまりcoolではありません。

なにより、単語の登録がめちゃくちゃやりにくい。

すでに単語が登録されているカードを購入することを前提にしているようで、このカードが高い。

なので、インストールはしましたが、あまり使っていません。

どういうアルゴリズムなのかも情報が足りず、不明です。

 

わたしの暗記カード - 試験・受験・検定・長文の暗記に -

フリーソフト。長文の入力やヒントの登録などが可能ということです。
長期記憶化を促すような機能はないようです。

 

i暗記+

i暗記+

i暗記+

  • redfox, Inc.
  • 教育
  • 無料

 

東京大学池谷裕二准教授が開発した効果的に暗記を行う池谷式アルゴリズムが採用された」といううたい文句です。

単語の登録方法がweb上からということなのですが、こういうウェブサーバと連携して動くアプリは開発するときに結構気を使います。

あと、画面のフリック操作のアニメーションもサクサク感を阻害しているようにも思います。

「池谷式アルゴリズム」は非常に魅力的なのですが、もう少しシンプルな方が普及したように思います。

単語の登録も、カードデッキを買ってもらうことを前提にしているためか、やや使いづらいかも。

 

本気!私の英単語 大学受験編 - 受験英語対策に最適な無料単語帳

 動作は非常に安定しています。4択のクイズ形式という点と、タイムアタック的な要素を取り入れているのがユニークです。

個人的に4択形式は長期記憶化にとってあまりいいとは思っていないのですが。

長期記憶化を促す工夫はないようです。

他にToeic版もあるようです。

プリセットされた問題のみを演習する仕組みで、自分で好きな単語を登録する機能はないみたいです。

 

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

英単語アプリ mikan

  • mikan Co.,Ltd.
  • 教育
  • 無料

最近出たアプリのようですね。記事を書くにあたりダウンロードしてみました。

Toeflの「英単語3800」や「単語王」をインストール可能、しかも単語の音声も再生されるという優れものです。

開発もとても丁寧にやっている感じがあります。

ちなみに、英単語3800なら、書籍版が2484円のところ、アプリだと2000円で若干お得に購入できます。

ただ、英単語3800は例文と付録の小冊子が使えるので、それを考えるとこの値付けは微妙な気もします。

単語の登録はできないみたいで、販売されている単語カードを購入することが前提になっているようですね。

長期記憶化を促すアルゴリズムを搭載しているのかちょっと分かりませんでした。
そもそも自分は4択の出題は長期記憶化にとってあまり好ましくないと思っているので、個人的にはどうかなと思います。