活字を愛し、活字に愛された弁護士の本棚

or: How I Learned to Stop Worrying and Love the "Words"

本当に1万4000単語覚えられる? "14 master words"のダイヤグラムを書いてみた

14 master wordsとは

英単語を覚えたり、知らない単語を推測したりするのに、接辞・語根を知っていると役に立つ。

例えば、物語のプロローグ(序章)は、pro-logueというように分解できて、pro(接辞)は前にという意味で、logue(語根)は言葉という意味で、前に書かれる言葉だから前書きとか序章という意味だと推測する類。

 

ただ、接辞・語根の数は多すぎて、全部覚えるのはかったるい。

 

そこで、よく使われる単語の接辞・語根を暗記するための14 master wordsというものがあって、以下の単語がそれに該当する。

precept 前に+取る=教訓
detain 離れて+保つ=拘束する
intermittent 間に+送る=断続的な
offer 〜に対して+運ぶ=提供する
insist 上に+立つ=主張する
monograph 1つの+書く=特定分野の研究論文
epilogue 上に+言葉=結末
aspect 向かって+見る=側面
uncomplicated 否定+共に+折る=複雑でない→単純な
nonextended 否定+外に+伸ばす=延長されていない
reproduction 再び+前に+導く=復元
indisposed 否定+離れて+置く=乗り気でない
oversufficient 超えて+下に+作る=過剰の
mistranscribe 誤って+書く=誤記する

http://www.howtoeigo.net/nvoc7.htmlより

 

例えば、preceptは、pre(前に)-cept(取る)と分解できます。この14単語から派生する接辞・語幹を覚えれば、14,000単語に対応できるという仕組みになっていて、ミネソタ大学のJames I. Brown教授が提示したと言われている(が、日本語以外のソースがないので本当のところは不明)。

 

誰が考案したにせよ、この14個の単語の接頭辞・語根を覚えていれば、かなりの単語に対応できることは明らかなので、そこそこ使えるのかなと。

  

語根はバリエーションが多いので、14 master wordsにないものも結構ありますが、接頭辞はかなりカバーされていて、例えば、consumeで「消費する」ですが、con(共に)は14 master wordsにあるので、「共に取る」=消費するという単語もついでに覚えられる。

全体をダイヤグラム化するとこんな感じで、確かにカバー範囲は結構広そう。

 

 

f:id:vlaanderenstraat:20160616184539p:plain

f:id:vlaanderenstraat:20170825133409p:plain

頭の中に英単語をマッピングするときの基礎配置表的に使えるかも。