英語「攻略」★パーフェクトガイド

英語ど素人からToeic、Toeflとステップアップしてロースクールに留学するまでの方法論をまとめて行きます。

60代後半のうちの母親でも映像フラッシュカードでToeicハイスコア目指せるかプロジェクト(1)

60代後半から英語力は伸びるのか

先日、映像フラッシュカードという動画コンテンツを作り始めました。

www.youtube.com

 

自分の学習経験から、英語をマスターする過程を明らかにするとともに、無料で効率良く自習できるコンテンツを作ろうと思ったのがこのサイト作成のきっかけなのですが、実際に誰かにモニターをやってもらった方が作成の方針が見えてくるかなと思いました。

 

自分の家族のうち、父親はそこそこ英語は話せるし、一個下の弟はToeic800点超えています(ちなみにその勉強のやり方は、一切お金を使わずに、浅草にいる外国人観光客に声を掛けまくって話し相手をつかまえて練習するというすごいやり方で、近いうちにそういった方向性の勉強法の組み立ても紹介したいなと思っています)。

 

 

それに対し、母親ははるか昔に英検3級をとって以降はほぼ英語の勉強をしていないそうなので、モニターとしては最適かな、と考えました。

 

まあヒマそうだし、つまらない無駄話をするよりもいい親子の交流にもなるかな、と思いました。

自分から見ても記憶力は悪くない方ですが、今後のボケ防止にもいいかなと。

 

いきなりダメ出しの連発・・・

このサイトを作っていることは知っていたので、とりあえずメールで概要を説明し、とりあえず昨日作ったこの動画を見てもらい、感想を聞いてみました。

www.youtube.com

 

そうしたところ、

 

「スマホだと文字が小さすぎて読めない」

 

と、いきなりのダメ出し。

そのほか、音が小さいとか、早口すぎるとか、酷評の嵐。。。

 

音が小さいのはコンテンツを作ってから気がついたのですが、iMovieだとこれ以上大きくできず、文字の大きさも今更変えられません。作り直すのも面倒だし。

 

とりあえず、解説動画の問題は置いておき、実家に行って映像フラッシュカードを見てもらいました。

 

これは、

 

「映像があると分かりやすい」

 

と概ね好感触でした。

 

しかし、

 

「表示が早すぎる」

 

とまたもダメ出し。

 

どうやら、写真をもうちょっとゆっくり見たいらしいようなので、再生速度を0.5倍速にして見てもらい、とりあえず10個の単語の意味を覚えてもらいました。

 

覚えるやり方は理解したらしいので、1日1動画(75単語)のペースでこっちの指定するタイミングで見てもらい、とりあえず1ヶ月ほど時間を取って、1200単語を0.1秒で思い出せる知識にしてもらおうと思ったのですが、

 

「1日20個くらいしか覚えられない」

 

と、まさかの拒否(泣)。

 

なんか、年取ると新しいことを覚えるのが結構苦痛になるらしいのです。

我が母ながら見た目は結構若いのですが、やっぱり頭の方は年相応になってしまっているのかも、、、と思い結構ショックでした(泣)。

 

まあ、1日20個でも3ヶ月弱使えば覚えられる計算になるので、とりあえず継続してもらうようにしました。

 

それより、親とこういうやり取りすること自体が久しぶりなので、なんとなく楽しかったです。

単に実家帰ってテレビ見て食事するだけなのもいいのですが、いろいろ説明したりこうした方がいいとかの意見を聞いたりするのも、何かちょっといいかなと思ったりもしました。

 

一応、半年を目処にToeic 800点、一年で900点を目標に進めていきたいと思います。

 

Youtube Creator Academy

Youtubeに動画をアップし始めると、Creator Academyというコンテンツへの招待みたいなのが届きます。

 

f:id:vlaanderenstraat:20160722012312p:plain

 

自分の動画作成にすぐ役立つようなコンテンツはないのですが、見ていてとても勉強になります。

ブログを書き始めて1ヶ月ちょっとですが、不特定多数の人に読んでもらう、見てもらうものを作るということの面白さがちょっとは分かってきたような気がします。

 

本業は本業で楽しんでやっていますが、それとはまた別の世界を持つというのも人生を充実させる上で悪くないのかなと思う今日この頃です。

  

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ